ゲキモテ
自力で自然な二重まぶた

. .。.:*・゜゚・*:.。. .。
輪郭別の体操
゚・*:.。. .。. .。.:*・゜


小顔に矯正する体操は、自分の顔の輪郭に合った方法を行うと、小顔効果がアップします。
顔の筋肉が衰えたり顔に脂肪が付いたりして、アゴや頬、まぶた等がたるみ、小顔には見えなくなります。
小顔になれる方法として自宅で簡単に挑戦できるのが、顔の筋肉である表情筋を鍛えて小顔に矯正する体操です。

しかし、人間の顔はすべて同じではありません。
顔の輪郭は個人で形が異なり、顔の輪郭線を崩してしまう顔の部分も異なっています。
それに、「この輪郭の形が小顔の輪郭だ」と断言できるような定義も存在していません。
そのため、小顔に矯正する体操を始める前に自分の顔を鏡でじっくりと観察して、自分の顔の輪郭はどのような形をしているのか、顔のどの部分がたるみやすいのかを十分に理解することが大切です。

エラの張ったホームベース型の輪郭は口の周囲にある筋肉の口輪筋を、
アゴの細い逆三角型の輪郭は口の端から斜め下に向かって伸びる筋肉の口角下制筋を、
アゴの短い丸型の輪郭は口元をたるませる原因の頬筋を、それぞれ中心に鍛える体操がお勧めです。


戻る

☆おすすめリンク☆
フォトフェイシャル情報 | ビオチン情報 | ブライダルエステ情報 | プチ整形情報 | セルライト除去情報 | ケミカルピーリング情報 | ハイジニーナ情報 | oライン脱毛情報 | iライン脱毛情報 | vライン脱毛情報 | わき脱毛ネット | ワキガ悩み解消



携帯アクセス解析
My favorite
excite mobile|文芸社|怪獣ブーツ・モンスターブーツ|口臭ケア通販|包茎|きのこダイエット|ダイエット掲示板